親子英語

ベビー英語よくある質問:私の発音聞かせても大丈夫?

親子レッスンでは、

「分かるところだけでいいので、私の真似をしてお母さんの声で英語で声掛けしてあげてくださいね♡」

と伝えています。

そうするとよく聞かれるのが、

アイコン名を入力

私の発音聞かせて大丈夫ですか?

間違った発音覚えちゃいませんか?

という質問。

本当によく聞かれるんです。

「そんなに得意なわけじゃない私の英語、あんまり聞かせない方がいいんじゃないかな。」

「先生の英語だけ聞かせてた方が上手になるんじゃないのかな。」

という気持ちも確かにとってもよくわかります。

でも、大丈夫ですよ!

むしろ、お母さんが英語を使う姿、どんどん見せてあげましょう!

お母さんは先生になる必要はないんです。

完璧な英語を話してお手本になる必要もないんです。

考えてみてください。

「ママは英語使わないけどあなたはできるようになって」

それとも、

「ママもやってみるから一緒にやってみよう♪」

どちらの気持ちで接してもらった方が、お子さんがよりポジティブな気持ちで英語に触れていけるでしょう??

これって英語に限ったことじゃないと思うんです。

ママが楽しそうにやっていることは、自然と「楽しい!」と思って真似たくなるもの。

お母さんには「正しい英語を教える」役割ではなくて、

  • お子さんと英語の距離を縮める
  • 英語を身近なものにする

という別の大事な役割があります。

乳幼児期の小さなお子さんに一番届くのは、大好きなママの声。

完璧じゃなくて大丈夫。

ぜひお母さんの声で、絵本を読んだり歌を一緒に歌ったり、いっぱいしてあげてください。

そして、僕も私も、英語を使ってみよう!という”気持ち”を育てるためのお手本に、ぜひなってあげてください。

お子さんにはこれから、英語のCD、アニメ、英会話の先生、学校の先生、実際に出会う外国の人(ネイティブだけとは限りませんよ。)…

色々な英語に出会う機会がいーっぱいあります。

その中の一つに、お母さんの英語があってもいいと思いませんか?

ABOUT ME
Yuki
福岡在住フリーランス英語講師。6歳息子、1歳娘と一緒にお家英語を楽しんでいます。このブログではお家で親子で楽しめる英語の絵本や遊びを紹介しています。