親子英語

我が家のお話。5歳息子にとっての英語

息子さん英語ペラペラですか?とよく尋ねられます。

正直に言います!

いわゆる英語ペラペラ〜なバイリンガルキッズでは、ありません(笑)

でもこれは自信持って言えますよ!

英語への抵抗は全く持っていません。

数週間前、こんなことがありました。

0歳の妹がぐずってて、私はお皿洗いしていて手が離せなかった時。

息子が自分から、妹のおもちゃの中からリトミックスカーフを取り出して、

「〇〇ちゃーん。Up, up, up, up, up. Fall down〜!」

ってスカーフを落として遊んであげていたんです。

それは私が彼がもっと小さい時によくやっていた遊びで。

それを見て私はすごーく嬉しかったんです♡

(もちろん、妹をあやしてあげようっていう優しさも嬉しかったけど、)

「あ、この子にとって英語って無意識なんだな」と思って。

多分彼の中で「そうだ!英語の遊びをしてあげよう!」なんて意識はきっと全くなくて、

目の前にぐずってる妹がいる。

スカーフがある。

僕が知ってるスカーフを使ったあやし方…

あ!そうだ!

Up, up, up, up, up, Fall down〜!!

ただそれだけのことだと思うんです。

家族の会話は日本語だし、ごくごく普通の保育園に2歳前から通ってるので、完全に日本語が母国語として確立してます。

でも、英語もまた、彼の中に当たり前のものとして存在しているようです。

私が時々突然英語で話しかけるのを当たり前のことのように受け入れて返事をしてくれたり(笑)

観たいアニメや動画、読んでほしい絵本、歌いたい歌が、英語のものであれば何の抵抗もなく英語のままで受け入れて楽しんでいたり。

そんな感じで生活の一部として英語に触れている毎日です。

ここからもう一歩、話す、読む、書く、をしっかりと伸ばしていくためには、親子共々少し時間と努力が必要だけど、

そのタイミングが来た時には「英語が当たり前」という気持ちの土台がある分、絶対に近道ができると思っています。

私は0歳から始めたらみんなバイリンガルになりますよ!なんてことは絶対言えません。

それってそんな簡単なことじゃないです。親も子も努力と忍耐が要ります。

でも、英語を抵抗なく受け入れる“気持ちの土台”を作ることは、どこの家庭でもどんな親子でも楽しみながらできます。

そしてその大事な大事な“気持ちの土台”があれば、将来、喋れるようになりたい!頑張りたい!って思った時ものすごく近道ができます。

とは自信を持って言えますよ♡

ABOUT ME
Yuki
福岡在住フリーランス英語講師。6歳息子、1歳娘と一緒にお家英語を楽しんでいます。このブログではお家で親子で楽しめる英語の絵本や遊びを紹介しています。